1. HOME
  2. News
  3. Press release

Press release - CIRCUIT DESIGN,INC.

September 17, 2013

産業用2.4GHz無線トランシーバーモジュール STD-502-R 販売開始

無線機器の設計・開発メーカー株式会社サーキットデザイン(本社:長野県安曇野市) は、産業用機器組込型無線トランシーバーモジュールSTD-502-Rの量産を開始しました。 STD-502-Rは、世界各国で使用可能な2.4GHz帯で動作し、組込みモジュールとして日本(ARIB), 欧州(CE), 米国(FCC)の規格認証を取得しています。

STD-502-Rは、信頼性を求める産業アプリケーション用に開発された機器組込型無線モジュールです。バッテリー動作で安定的に見通し300mを超える無線通信を実現しています。

対ノイズ性に優れたスペクトラム直接拡散方式(DSSS)および、マルチパスフェージングによる信号ドロップを防ぐトゥルーダイバーシティ受信機能を採用し、混雑する2.4GHz ISMバンドで信頼性の高い無線通信を実現しています。

Pictcure:STD-502-R

モジュール自体に通信プロトコルを内蔵しない透過型データ入出力インターフェイスを持ち、ユーザーが持つ独自プロトコルによる通信が可能です。また、従来機ではできなかった連続するLOWまたはHIGH信号も、制限なく送信することが可能になりました。

産業用機器の無線部として長期間の供給を保証するため、スペクトラム直接拡散およびトゥルーダイバーシティ処理機能を持つASICを独自開発し搭載しています。これにより、主要機能を他社部品に依存しないモジュールを実現しています。

サーキットデザインは、すでに各国それぞれの周波数帯(300MHz~1200MHz)をカバーするSTD-302N-R及びLMD-400-Rトランシーバーを発売しています。今回グローバル周波数 2.4GHz に対応するSTD-502-Rトランシーバーを加え、世界各地の多様な要望に応える製品ラインナップにしました。

STD-502-R の技術的特長を以下に説明します。

通信距離 300m (LOS)
RFパワー 10mW e.i.r.p.
低電力動作 3.3V 65mA
データレート 9.6 kbps / 19.2 kbps
透過型データ入出力インターフェイス(同期通信)
スペクトラム直接拡散 (DSSS)
トゥルーダイバーシティ受信
データフレーム検出機能内蔵
動作温度範囲 -20 ~ +65℃
欧州EN 300 440 , 米国FCC Part 15.247, 日本ARIB STD-T66規格適合認証済
RP-SMA RFコネクタ

用途

産業用リモートコントロール
産業用遠隔測定システム

産業用無線機ラインナップ

Products Certificate Europe USA ASIA
STD-302N-R
STD-302N-R
CE (EN300220) 434 MHz (EU)
458 MHz (UK)
869 MHz (EU)
335 MHz (India)
419 MHz (China)
429 MHz (Japan)
447 MHz (Korea)
1200 MHz (Japan)
LMD-400-R
LMD-400-R
CE (EN300440)
FCC (Part 90)
438 - 442 MHz
458 - 462 MHz
458 – 462.5 MHz  
STD-502-R
New
STD-502-R
CE (EN300 440)
FCC (Part 15.247)
ARIB (STD-T66)
2.4 GHz 2.4 GHz 2.4 GHz (Japan)

画像入手先

http://cdt21-com.check-xserver.jp/dl2/pr/index.asp

株式会社サーキットデザイン

株式会社サーキットデザインは、テレコントロール、テレメトリー、アラーム、シリアルデータ通信、オーディオなどの分野で利用されている小電力無線モジュールの設計・製造販売を行っています。欧州ETSI、米国FCC、日本のARIB規格適合した高品質の製品をお届けしています。

Contact Us

  • contact
  • sample order
back to the TOP of this page